4d308afd727758bdc613d93a3959a37b_s

こんな人にオススメ!

・支援者にもっと応援してもらいたい方
・会の満足度を高めたい方

 

イベントで大切なのは、初めと終わりの対応

今回は、政治・選挙活動におけるイベント時の政治家の振る舞いについて書きたいと思います。

やり方は単純です。会の初めと終わりは会場の入口(出口)に立ち、参加者と触れ合うだけです。

出入口のため、参加者はスムーズに流れていきます。そして、もっと話したい参加者は会場内に残り話をしてくれます。

必ず1回は接触機会を持ちましょう!

単純なことではありますが、支援者の方と接触することは、意識しないと忘れがちなことでもあります。

たとえば、開催時に会場の中で特定の仲間と話している政治家も多いです。そうなってしますと、次のように思われてしまいます。

「結局、○○さんと話ができなかった・・・」
「○○さんは来てくれた方に感謝の気持ちを述べていない・・・」

会の中身がいくら良くても良い印象は持たれない可能性もあり、もったいないです。

そのため、会の初めと終わりは出入口に立ち、最低では1人1回会話をすることを心がけて下さい。

投稿者プロフィール

風間 正利
風間 正利

株式会社おせっ甲斐、代表取締役の30歳。「山梨でなにかやりたい!」という想いが強くなり、大学院修了後山梨に戻り、甲斐の国・山梨を良くするまちづくり会社「おせっ甲斐」を設立。現在は海外事業の共同代表として、ニュージーランドと日本を往復しながら、半球をまたいだ二拠点事業の仕組みを構築中。一方、仕事の傍ら、早朝勉強会「得々三文会」を立ち上げ、熱い想いを持った人の話を聞くことに夢中。