ce5121ab8de294a02b46447e2c166c1f_s

こんな人にオススメ!

・会をもっといいものにしたい方
・ミーティングのクオリティを上げたい方

 

なにごとも「理由」を理解して頂くことが大切!

今回は、政治・選挙活動におけるミーティングや勉強会などの開催時の注意点を書きます。

やり方は単純です。「なぜ、この会を開いたのか」という開催理由を多少しつこいようでも繰り返し伝えることです。その後さらに、「促したい具体的な行動」をお伝えするとさらに良いですが、今回は、開催理由について書きます。

政治・選挙はボランティアも含め、多くの方たちを巻き込む必要があります。そのため、それぞれが納得をした上で活動に取りかかってくれることが理想です。

前提条件の共有なくして、行動なし!

しかし、一般の方たちは政治や選挙に関心が高くありません。また、運営側が持っている前提条件を共有していません。
しかし、運営側はつい、前提条件をすでに共有しているものとして会を進めてしまうことが良くあります。

そうなってしまうと、「今回はなんで自分たちが集められたの?」と参加者は会が終わったあとに、疑問を持った状態で帰ることになります。
それでは、今以上の活動の波及は見込まれません。

そのため、しっかりと参加者に納得をしていただけるように、会をコーディネートしていきましょう!

投稿者プロフィール

風間 正利
風間 正利

株式会社おせっ甲斐、代表取締役の30歳。「山梨でなにかやりたい!」という想いが強くなり、大学院修了後山梨に戻り、甲斐の国・山梨を良くするまちづくり会社「おせっ甲斐」を設立。現在は海外事業の共同代表として、ニュージーランドと日本を往復しながら、半球をまたいだ二拠点事業の仕組みを構築中。一方、仕事の傍ら、早朝勉強会「得々三文会」を立ち上げ、熱い想いを持った人の話を聞くことに夢中。