iot-ioe-ion
さらに、IoT関係の情報収集のため書籍を購入しました。

用語についてですが、IoTとはInternet of Thingsのことで、IoEとはInternet of Everythingのことです。どちらも、全てのものがインターネットにつながっていくことを表す言葉です。

深い技術は良く分からないですが、組み合わせ次第では、なんでもできるような世の中になったと実感しました。だからこそ、「何がしたいか」という意思が問われる時代になってきたようにも思います。そして、仕事はもちろんですが、「どう生きたいのか?」という生き方についてもしっかりと考えていく必要がでてきたように思います。

一方、以前、元サムスン電子ジャパンの堤さんと話をさせて頂いたときに、IoTの流れとは反対の「Internet of Nothing(IoN)」の領域も意識した方が良いと教えて頂いたことを思い出しました。全てのものがネットにつながるような時代の中で、ネットにつながらない部分はどこか、なぜその分野はつなげてはいけないのか、ということを考えると、生身の人間が行うべき行為が見えてくるように思います。

IoTやIoEばかりに目がいきがちですが、IoNの領域にも目を向けておきたいです。

投稿者プロフィール

風間 正利
風間 正利
株式会社おせっ甲斐、代表取締役の30歳。「山梨でなにかやりたい!」という想いが強くなり、大学院修了後山梨に戻り、甲斐の国・山梨を良くするまちづくり会社「おせっ甲斐」を設立。現在は海外事業の共同代表として、ニュージーランドと日本を往復しながら、半球をまたいだ二拠点事業の仕組みを構築中。一方、仕事の傍ら、早朝勉強会「得々三文会」を立ち上げ、熱い想いを持った人の話を聞くことに夢中。