仕事がニッチになればなるほど、同じ人と関わることも増えてきます。

逆に言うと、自分の技能がニッチな領域で必要とされると、同じ人が何度も自分を訪ねてくるということです。

自分は周りからどう思われてもあまり気にしないため、人間関係で悩むくらいならば、気が合わない人に固執せず、他の気の合う人を探せば良いという気持ちが強かったです。

しかし、そこに「技能」が関わってくると、そうも言ってられなくなります。ニッチな領域で特殊技能を持つ人はそもそも少ないからです。

この感覚は、ニッチな仕事をやって分かったことです。言い換えると、ニッチな領域で必要とされる特殊技能を持てば、ある程度食べていけるということです。ニッチすぎては厳しくなるため、このへんの感覚は見極める必要がありますが。

仕事はいろいろな気づきをくれますね。日々、学びです。

投稿者プロフィール

風間 正利
風間 正利
株式会社おせっ甲斐、代表取締役の30歳。「山梨でなにかやりたい!」という想いが強くなり、大学院修了後山梨に戻り、甲斐の国・山梨を良くするまちづくり会社「おせっ甲斐」を設立。現在は海外事業の共同代表として、ニュージーランドと日本を往復しながら、半球をまたいだ二拠点事業の仕組みを構築中。一方、仕事の傍ら、早朝勉強会「得々三文会」を立ち上げ、熱い想いを持った人の話を聞くことに夢中。