最近、自分の身体や生活習慣に他者からフィードバックをもらったり、可視化して自分で改善を行っています。

自己流はもちろん大切ですが、自己流を作るために、まずは自分の身体や習慣を他者の力を借りて知ろうという訳です。

その1つとして、2ヶ月くらい前に「ASICS WALKING(アシックス・ウォーキング)」で足を計ってもらい、ウォーキングシューズを購入しました。そして、インソールを自分の土踏まずに合わせて調整してもらいました。

自分の靴のサイズは、26.5~27.0cmだと思っていたのですが、なんと、25.5~26.0で良いということでした。足の幅が広いため、幅を合わせるのに大きめの靴を履いていたということでした。なんとなく分かってはいましたが、1cmも自己認識と違いがあるとは思いませんでした。

そのときに買ったシューズがとても快適で、出歩くときはほぼ履いています。そして、ウォーキングを行うことが楽しくなりました。

このように、他者からの意見で生活水準が上がることが最近多々あります。

自分のスタイルを見つけるために、自分だけで考え続けることは大切です。一方、他者からの意見も役に立ちますので、臨機応変に意見を取り入れていければ良いと思いました。

投稿者プロフィール

風間 正利
風間 正利

株式会社おせっ甲斐、代表取締役の30歳。「山梨でなにかやりたい!」という想いが強くなり、大学院修了後山梨に戻り、甲斐の国・山梨を良くするまちづくり会社「おせっ甲斐」を設立。現在は海外事業の共同代表として、ニュージーランドと日本を往復しながら、半球をまたいだ二拠点事業の仕組みを構築中。一方、仕事の傍ら、早朝勉強会「得々三文会」を立ち上げ、熱い想いを持った人の話を聞くことに夢中。