最近、人の紹介をすることが増えてきました。

むやみやたらな紹介は自分の評判を落としたり、互いに迷惑をかけてしまうので、注意しています。

では、どのような方であれば、安心して誰かに紹介ができるかを考えてみました。

紹介する基準として「この人は、○○をする人」と自信を持って言えるかどうかだということに気がつきました。

当たり前と言えば当たり前ですよね。

素性が分からない人の紹介は、信用性に欠けますよね。

ただ、「仕事はなにをしているか分からないけど、とにかく頑張っている人!」という人を紹介することはあります。

それはその方の頑張りを見ているからです。

ただ、そうなると厳密には「素性が分からない人」ではなくなっていますが・・・

これをどういうことかと考えてみると、つまりは、「私はこの人は○○な人だと保証します!」と言える人を紹介していたのだと気がつきました。

逆の視点で考えると、自分はどのように見られているか・・・よく考えないといけないですね。

投稿者プロフィール

風間 正利
風間 正利

株式会社おせっ甲斐、代表取締役の30歳。「山梨でなにかやりたい!」という想いが強くなり、大学院修了後山梨に戻り、甲斐の国・山梨を良くするまちづくり会社「おせっ甲斐」を設立。現在は海外事業の共同代表として、ニュージーランドと日本を往復しながら、半球をまたいだ二拠点事業の仕組みを構築中。一方、仕事の傍ら、早朝勉強会「得々三文会」を立ち上げ、熱い想いを持った人の話を聞くことに夢中。