昨日はメールの「見た、見ない」の話を書きました。

今回の話も似たようなものです。

「俺はあのとき、○○と言ったんだ」と人のせいにしたくなることもあります。しかし、なにか失敗があったときに、相手のせいにしていても、結局は1ミリも進みません。

とくに、自営業など自分が意志決定者である場合は、「自分がやってことを進めるか、あるいは、自分がやらないのでことが止まるか」の2択だと思います。

であるならば、伝わらなかったことは、自分の伝え方が悪かったと反省して、同じ過ちを繰り返さないようにどうするかを考えなければなりません。

このことも最近の自分の反省点です。笑

経営者として、言い訳をしたり、自分の優位性を証明する暇があれば、ことを進めることを優先しなければいけないと思いました。

投稿者プロフィール

風間 正利
風間 正利

株式会社おせっ甲斐、代表取締役の30歳。「山梨でなにかやりたい!」という想いが強くなり、大学院修了後山梨に戻り、甲斐の国・山梨を良くするまちづくり会社「おせっ甲斐」を設立。現在は海外事業の共同代表として、ニュージーランドと日本を往復しながら、半球をまたいだ二拠点事業の仕組みを構築中。一方、仕事の傍ら、早朝勉強会「得々三文会」を立ち上げ、熱い想いを持った人の話を聞くことに夢中。