チームビルディングが得意な方に、プロジェクトを進めるためのアドバイスをいただきました。

その方曰く、自分のやっていることと、今後どのようにしていきたいのかということを小説風に書くことだそうです。そして、それを人に話すことだそうです。

ストーリーにわくわくすれば、今現在の様子や未来の様子も頭の中にわき、まわりのメンバーにも、今なにが必要で、今後どうしていけば良いかということが見えてくるからです。

そして、「こんな未来を自分も実現したい!」という共感をもとに集まった仲間は強い絆で結ばれやすいからだそうです。

また、文章を書く過程で自分自身が取り組みを客観視できることもメリットだそうです。

さっそく、書いてみようと思いました。

投稿者プロフィール

風間 正利
風間 正利

株式会社おせっ甲斐、代表取締役の30歳。「山梨でなにかやりたい!」という想いが強くなり、大学院修了後山梨に戻り、甲斐の国・山梨を良くするまちづくり会社「おせっ甲斐」を設立。現在は海外事業の共同代表として、ニュージーランドと日本を往復しながら、半球をまたいだ二拠点事業の仕組みを構築中。一方、仕事の傍ら、早朝勉強会「得々三文会」を立ち上げ、熱い想いを持った人の話を聞くことに夢中。