いま、ニュージーランドブドウプロジェクトで、ブドウの栽培方法のマニュアルを作っています。このプロジェクトによって、季節の違うNZと日本で研修システムを作ることでこれまでの2倍の速度で成長できる農家を増やしていきたいです。

そのマニュアルを作る上で気付いた、行った方が良いことをまとめていきます。

今回は、「国際的に理解ができるものを比較対象に用いて説明をすることが大切」だということです。

たとえば、ブドウの説明をするときにいくら大きいと記述しても、どのくらい大きいかはイメージをしづらいです。

そのため、比較対象になるものと一緒に撮影をし、説明をすることが大切です。ブドウであれば、ゴルフボールで行うのが良いでしょう。

たばこの箱や手と比べることもできますが、箱の大きさは国によって違ったり、手の大きさも個人差があり、比較対象になりづらいからです。

投稿者プロフィール

風間 正利
風間 正利

株式会社おせっ甲斐、代表取締役の30歳。「山梨でなにかやりたい!」という想いが強くなり、大学院修了後山梨に戻り、甲斐の国・山梨を良くするまちづくり会社「おせっ甲斐」を設立。現在は海外事業の共同代表として、ニュージーランドと日本を往復しながら、半球をまたいだ二拠点事業の仕組みを構築中。一方、仕事の傍ら、早朝勉強会「得々三文会」を立ち上げ、熱い想いを持った人の話を聞くことに夢中。